ネットギャリー

教育関係者 木原 有美さん

中学受験塾 幼児教育部門 教室長

中学受験塾 幼児教育部門 教室長をされている木原さんの声をお届けします。

Q.普段はどのような仕事をされていらっしゃいますか?

中学受験塾の幼児教育部門の教室長をしています。幼児さんから小学校低学年までのお子さんを対象に授業をしたり、教室運営をしています。
休日は、時間をみつけては読書三昧です。ネットギャリーの電子ゲラはもちろんですが、その他kindleなどの電子書籍、図書館、本屋さんを巡り「これは!」という本に出合っては貪るように読んでいます。漫画も大好きです。(若干活字中毒気味…)

Q.NetGalleyをどのように活用されていらっしゃいますか?

仕事柄、お小さいお子さんたちとその保護者さんとお話することが多く、どのような本を読んだらよいかというご質問がとても多いので、ネットギャリーは最新の良い絵本を知る場所として、絵本や児童書は欠かさずチェックしています。また、良いと思う絵本や児童書などは、勤務先の会員向けの絵本のお便りなどでご紹介しています。その他興味のある歴史ものや小説、ノンフィクションなどに出会えたらそちらも拝読しています。

これからNetGalleyをご利用になるユーザーさんへメッセージをお願いします!

ネットギャリーのラインナップは素晴らしく、ぜひご登録されて新しい本に出合ってほしいと思います。発売前に読んだことで、その本への愛着がわき本屋さんで山積みになっていると嬉しさもひとしおです。私は本好きの友人たちとLINEなどで本の情報交換を定期的にしていますが、もしそういうお友だちなどがいらしたらまた巻き込んでいく楽しみもあります。ネットギャリーは気負わず、興味のある分野の本と向き合える素敵な場です。

おすすめの本を一冊ご紹介ください!

本のタイトル:ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー2
著者名:ブレィディみかこ
出版社名:新潮社

ブレィディみかこさんの「ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー2」です。
前巻の1をこちらネットギャリーで出会ったのがみかこさんの本との出会いでした。前作の衝撃もすごかったのですが、こちらはさらに社会が抱える問題についてイギリスからの視点で切り込まれているところと、それに対処していく人々の姿に感銘をうけます。人間は一人では生きていけないし、共感とリスペクトを大切にする、それは差別感情をフラットにし自分と同じ目線になっていくことがわかります。息子さんの成長も楽しみですが、みかこさんの視点にいつも尊敬です。前作をきっかけに、彼女の本はすべて読んでいます。出会いのきっかけをつくってくださったネットギャリーにも感謝です。

一覧に戻る